読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクター・ストレンジ 感想 ネタバレ無し

オススメ映画 映画感想 MARVEL

 僕はアクション映画が好きで、その中でも特にmarvel映画が好きです。なのでマーベルシネマティックユニバース(MCU)映画は全作品見てきました。なのでmarvelの新作映画「ドクターストレンジ」を映画館で観るのをとても楽しみにしてきました。そして、その期待を裏切ることなく、最高のヒーロー映画になっていました。

吹き替えも違和感なく楽しめると思います。

 マーベルシネマティックユニバースの映画シリーズも今作で14作品目。シリーズが進むにつれて人気が世界中で広がり、世界が掘り下げられていくのはファンとしては嬉しい反面、人にオススメしにくいのが難点でした。

ただ、ドクター・ストレンジは全く新しいヒーローで、ヒーローになった経緯もこの映画でしっかり と描かれているので、marvelシリーズは今まで見たことがないという人でも大丈夫です。

 ドクターストレンジは全く新しいヒーローと言いましたが、傲慢な性格だった男がヒーローとして成長する姿はアイアンマンことトニー・スタークやソーなどのヒーローと重なる点もあります。なので元天才外科医で魔術を使う異色のヒーローをすんなりと受け入れることができるでしょう。

見所は何と言っても魔法を用いたバトルの描き方。この映画ではただ呪文を唱えてビームをだしたりするのではなく、別次元からパワーを得ることで武器や盾を作り出して格闘で相手をたおしたり、空間を歪めて敵の身動きを制限したりもします。空間が歪み、ビル群が重力を無視したような空間になる姿は映画「インセプション」を彷彿とさせます。また、サイケデリックな演出が素晴らしい。marvelがこの映画の監督にホラー映画の監督として評判のあるスコット・デリクソンを起用した理由もわかるような気がします。普通のヒーロー映画とは一線を画す映像でした。そしてラスボスの倒し方がこの映画らしくおもしろい。そこは是非映画を見て楽しんでもらいたいと思います。

 ストーリーは傲慢な天才外科医が自動車事故で失った神の手を取り戻すために魔術師として成長する姿が描かれまでいます。そしてその中にユーモアを忘れないのがmarvel流。傲慢な性格が変わってもユーモアは変わらない点もトニー・スタークと似たものを感じさせます。単にひたすら真面目で厳格で努力し続ける方がヒーローらしいかもしれませんが、marvelのヒーローにはそういったヒーローは見られません。キャプテンアメリカでさえジョークくらい言います。彼らはヒーローらしくはないかもしれませんが、とても人間らしいのです。そこがmarvel映画が世界中ここまで人気を集めた一番の理由だと思います。

marvelファンはもちろん、 marvel映画を見たことが無いという人もこの映画を楽しみ、それから日本にmarvel映画ファンが増えればなあと感じます。とてもオススメできる作品です。

 最後にエンドロール後の映像は2つ!あるので1つ目を見終わった後にちゃんともう一つの映像を見るようにしましょう。結構重要そうなシーンがあります。

f:id:ya-f13-tt:20170127201922j:image

出典https://warnerbros.co.jp/movies/detail.php?title_id=50087&c=1