ジョン・ウィック 感想 紹介オススメ アクション映画

 スタイリッシュ × 渋さ こんな映画を待っていた!主人公のジョン・ウィックは元殺し屋。しかし復習の為に再び裏社会ヘ戻ってきた!演じるのはキアヌ・リーブスマトリックスのネオのイメージが大きい人も多いのではないでしょうか?しかし今作はマトリックスに負けず劣らずスタイリッシュかつスピーディー。そして渋くてカッコいい!

 今作の特徴はガンアクションとカンフーを融合させた独自のアクション。通称「ガンフー」

派手で映像作品として魅せるアクションでありながら、実際の武術を取り入れることで現実にキアヌ・リーブスが本当に伝説の殺し屋であったかのような雰囲気を醸し出しており、映画の設定に説得力を持たせています。この独自のアクションが他の映画では味わえない興奮と爽快感を生み出す秘密のようです。

 そして、この映画を語る上で欠かせないのが、殺し屋の為に情報や安らぎを与えるホテル・コンチネンタルや「ディナーの予約」が合言葉の死体処理業者など、この世界の裏社会の文化のようなものを垣間見ることができること。それこそがこの映画の世界観や雰囲気を作り出すのにかなり大きな役割を担っています。

 ストーリーは、伝説の殺し屋ジョン・ウィックがロシアンマフィアのボスの息子に家に進入され愛車を盗まれたうえに亡き妻からの贈り物である子犬を殺される。その復讐をする為大暴れ。はっきりいってこれだけです。あなたがどこかで完全にこの映画のネタバレをくらっていたとしても、それは全く問題になりません。正直、深いストーリーやラストのどんでん返しを期待するような人にはあまりオススメできないような気がします(笑)

 しかしこの映画のアクションと世界観は多くの映画好きも、そうではない人にも楽しんでもらえると思える作品です。

f:id:ya-f13-tt:20170125205335j:image

出典http://johnwick.jp/sp/

 映画を見た後は上の公式サイトにアクションの解説なども載っているので、読めばもっとこの映画を楽しめるのではないでしょうか?

 

よろしければ下のリンクからご購入よろしくお願いします。

http://amzn.to/2jG2zoG