RUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標 感想 紹介

※ネタバレ無し

 おなじみルパンⅢ世の映画。

今作は全体的にコメディ色は抑えめでハードボイルドな印象を感じました。アクションシーンにはその特徴が顕著に表れていて、本格アクションアニメとしても見応えがあります。

もちろん

これぞ、ルパンⅢ世 (笑)  

みたいなシーンもあるので見ていて疲れません。

簡単にあらすじをまとめると

次元がボディガードをしていた歌手、クイーン・マルタがステージ上で凄腕のガンマン、ヤエル奥崎によって狙撃され暗殺されてしまう。そして今度は次元の命が狙われていた。

クイーン・マルタ、そして次元が命を狙われた原因とは?

誰が裏で糸を引いているのか?

そしてヤエル奥崎と次元の熱きガンマン対決はどうなるのか?

ルパンⅢ世シリーズが好きな人も新鮮な気分で楽しめる作品だと思います。オススメです。

 

http://amzn.to/2jlEckZ

上のリンクを踏むとamazonのこの映画のBlu-rayの紹介ページに飛びます。

もしよろしければご協力お願い致します。